合宿免許の実態 彼女を変えた14日間 第5話ネタバレ

合宿免許の実態 第5話ネタバレ【中年教官の太くてクサいチ●ポをイラ●チオ!】

第5話_合宿免許の実態 彼女を変えた14日間

 

 

第4話では、ケンゴ以外の男にバックでぶち込まれながら
ケンゴのチ●ポをしゃぶらされたあずさ...

 

気付けばわずか1週間足らずで
7人もの男と関係をもってしまっていました...

 

 

ケンゴのチ●ポを咥えているところを写真に撮られてしまい
さらに弱みを握られていくのでした...

 

 

前回の記事はこちら。

 

処●を奪われてから
わずか1週間で7人もの男と
S●Xさせられてしまったあずさ...

 

 

 

合宿免許も半分の1週間が過ぎようという頃、
仮免が終わり路上教習が始まりました。

 

 

しかし、路上教習で更なる悲劇が待っていたのです...!

 

 

路上教習中に左に寄せて停車するように指示する教官。

 

指示通り、左に寄せて停車するあずさ。
教官の指示通りエンジンを切ります。

 

 

 

すると教官が...

 

「こいつを握ってもらおうか...」

 

 

と言い、ごそごそと極太チ●ポを取り出し、あずさに見せつけます...

 

教官の極太チ●ポは、すでにビンビンに立っていました...
路上教習の間、ずっとあずさに握らせることを考えていたのでしょうか...

 

 

「知ってんだぜ?毎晩ヤってんだろ?」

 

 

なぜか教官はあずさが合宿免許に来てから
毎晩ヤっていることを知っていたのです。
ケンゴが告げ口したのでしょうか?

 

 

手で抜いてくれたらハンコを押してやるという鬼畜教官。

 

 

そう言われたあずさに断る権利はありませんでした...
ハンコを押してもらわなければ卒業できません...

 

 

大好きなゆうくんに会うためには仕方なかったのです...

 

 

あずさは教官の極太チ●ポを手でしごき始めます...

 

 

教官の極太チ●ポはかなり男臭く
車内にニオイが充満してむせ返りそうになるあずさ...

 

 

教官のチ●ポはケンゴのものより太くて大きいため
手コキだけでは十分な刺激を与えることができません...!

 

 

「これじゃあ、いつまで経っても終わらねえぞ...!」

 

見かねた教官は、あずさの口に極太チ●ポを突っ込み
あずさの頭を押さえてイラ●チオさせ始めるのです!!

 

 

ぢゅっぷぢゅっぷと音を立てながら
教官の極太チ●ポをイラ●チオさせられるあずさ...!

 

 

喉奥まで深く咥えさせ、
あずさの口は教官の極太チ●ポと男臭いニオイで
いっぱいになっていました...!

 

 

教官の極太チ●ポを喉奥まで
咥えさせられるシーンはエロ過ぎます...

 

 

「もっと速度をあげろ!」という鬼畜教官。

 

「出る出るっ!全部飲めよぉぉぉぉッ!!」

 

 

と言いながら濃くてクサい精●をあずさの口の中にぶちまけるのでした...!

 

 

あまりの濃さと量の多さに、
全部飲み切れず、こぼしてしまったあずさ...

 

 

「これじゃあ、ハンコはやれねえな...」

 

 

という鬼畜教官。

 

 

 

「ちょっと付き合え...そしたらハンコな...」

 

これは完全にあずさのオマ●コに極太チ●ポをぶち込むつもりですね...

 

 

 

ついにケンゴだけでなく、教官にも犯されはじめたあずさ...
一体どれだけ汚れていくのでしょうか...

 

 

教官の極太チ●ポを咥え、教官のオ●ホにされてしまった
エロ過ぎるあずさはこちらで見ることができます。